顔のむくみに気付いたら、鎖骨や手足、全身のむくみも要チェック

アルコールを飲んだ次の日、顔のむくみを感じる人も多いでしょう。特にアルコールを飲んだわけでもないのに、顔のむくみを感じる人もいるかもしれませんが、そもそもなぜ体がむくむのかと言うと、体内に余分な水分が停滞していることで起こります。

原因として血流の悪さが挙げられるのですが、顔のむくみを感じる場合はよくよく全身をチェックしてみると、手足もむくんでいる場合があります。脂肪で足が太くなったのではなく、むくみで足が太くなり、そのむくんだ状態が続いている場合もあるのです。

また、徐々にむくむことで気付きにくい箇所として、鎖骨が挙げられます。ある日ふと鏡を見ると、以前ははっきり見えていた鎖骨のラインが見えなくなっていることに気付くのです。

体重や体型にそこまで変化がなく、でも鎖骨のラインが見えなくなっている場合は、ほぼむくみだと言って間違いないでしょう。顔のむくみは比較的改善しやすいのですが、長い間放置して出来てしまった鎖骨まわりのむくみは、改善も長期戦だと思って気長に行なう必要があります。

例えば毎日お風呂の中で、首のリンパと鎖骨まわりを手や美容ローラーでやさしくマッサージしたりツボを押すなどをして、継続して行なうことが大切です。

パソコンやスマホを長時間利用して姿勢が悪くなり、結果的に鎖骨まわりや顔のむくみを引き起こしている場合もあるので、普段から姿勢に気を付けたり肩甲骨を動かして、血流をよくすることを意識しましょう。むくみを放置すると見た目の面でも健康面でもよいことはないので、むくみに気付いたら出来るだけ早い段階で対処することがお勧めです。

 

美肌に効果があるプロラクチンについて

勉強や仕事のために睡眠が充分にとれない方もいると思います。しかし、睡眠不足は肌に良くなくニキビや肌荒れを引き起こす原因になるのも事実です。

何故なら、睡眠中には成長ホルモンの他にプロラクチンや甲状腺刺激ホルモンなど美肌や健康にとっても良いホルモンや抗酸化作用を持つメラトニンなどが分泌されるため、睡眠が充分にとれない場合は充分に分泌出来ずに肌荒れをおこしてしまうからです。

更に年齢を重ねるにつれてこれらのホルモンの分泌量が減少したり、不安定になってくるので、分泌のピークである20代半ばを過ぎた方は今以上にしっかり睡眠をとることが大切です。また、プロラクチンは肌に潤いをあたえる効果が高く、化粧品成分としても使われています。

中でもヴェールという化粧品は乳液でありながら肌色でファンデーションの代わりにもなりますので、ファンデーションをつけると肌が荒れてしまうなどのトラブルを抱えている方にはとてもオススメの商品です。

様々な美肌に良い商品がありますので自分に合うものを選んだり、生活習慣を見直す事によって昨日よりも綺麗な肌に、トラブルレスな美肌になっていきましょう。

 

富士フィルムのグルコサミン&コラーゲンのご紹介

加齢とともにひざの軟骨が摩耗し、階段の上り下りや歩行の時に膝が痛むことがあります。その関節の辛い症状に効果が高いのが甲殻類の生成抽出物である「グルコサミン」です。関節部分の軟骨の新陳代謝に重要な働きを施し、関節の動きを滑らかにします。

また関節部分の動きだけでなく、免疫、がん、炎症、骨関節炎に有効であると言われています。また軟骨組織や関節駅に存在する、コンドロイチンhttp://xn--eckplmk6jngvd9c8684f14od.net/product/setagaya.htmlやヒアルロン酸の原料でもあり、このコンドロイチンやヒアルロン酸も関節の動きを滑らかにする効果を持っています。

さらに一般的なものよりも吸収しやすく効果が高いのが「N-アセチルグルコサミン」と呼ばれるもので、一般的なものの約3倍の効果があります。その「N-アセチルグルコサミン」がふんだんに含まれているのが富士フィルムの「グルコサミン&コラーゲン」です。

こちらのサプリにはさらに吸収率の高い「低分子マリンコラーゲン」を配合しています。更に上述した軟骨成分のコンドロイチンやヒアルロン酸も含んでいるので、より高い効果が期待されます。同様のサプリは多く販売されていますが、富士フィルムのものはその配合成分の有効性が高いだけでなく、飲用がしやすい点も特長的です。

一日わずか5粒の摂取で十分であり、タブレットのように水なしで噛みながら摂取することが可能です。おやつ感覚で気軽に必要な栄養素が摂取でき、味も甘くてどこか懐かしいミルク味です。高価が高く飲みやすいので継続しやすいサプリメントになっています。

 

冷え性は根本的な解決を

冷え性だと自覚のある人は多く、誰もがなる可能性があり冷え性であることは多かれ少なかれ誰にでもあることで重大な症状であることはないと考えてしまいがちです。

しかし、冷え性は症状が進めば神経が圧迫されて足底筋膜炎となってしまったり、生理不順になることもあります。

冷え性になると血の巡りが悪くなってしまうので病気へと発展したり体の不調へとつながってしまうのです。慢性的な症状となる冷え性の改善を根本的に行わないことには病気等の症状の改善は一時的に病院の治療でよくなっても完治できるとは言い切れませんし、また症状がぶり返してしまう恐れやまた違った病気や体調不良となって現れる可能性もあります。

冷え性を根本的に治すにはまず生活スタイルの改善が必要になります。

規則正しい生活をすること、体を冷やさない生活をすることなどがあり継続していくことで冷え性が改善されます。冷え性が根本から改善されれば今まで起こっていたちょっとした不調も起こりにくくなるでしょう。